やさしさと温かさのある獣医療を

立川の渡邊動物病院は、「もの言わぬ小さな命のために」をコンセプトに、できるだけ痛みや苦痛の少ない、低侵襲な安心できる治療を行っている動物病院です。自分の体の不調を言葉で訴えられない動物たちと、心配している飼い主の皆さんの気持ちに寄り添い、「丁寧な問診」「しっかりとした治療方針の説明」「なるべく痛み・侵襲を与えない治療」を心がけています。

力を入れているのは、レーザーなどさまざまな設備・機器を用いた先進医療。レーザーは術後の痛み・痒みの緩和や創傷の治癒促進、細胞の活性化、血行改善など、さまざまな効果を発揮する治療機器であり、当院はほとんど全ての手術でレーザー治療を行っております。動物病院ではいち早く多種レーザー機器を揃えて、総合的なレーザー治療を取り入れた最初のレーザー専門病院として長年の経験と実績でガンなどの難疾患も高い精度で治癒率の高い手術に取り組んでおります。

さらに、プラセンタ療法、交流磁気治療(マグネセラピー)や漢方などの代替医療をはじめ、光線温熱療法、再生医療などの新しい治療法も取り入れ、統合医療を推進し、なるべく体にメスを入れずに動物の体をケアする選択肢もご用意しています。家族の一員と飼い主の皆様との、幸せに満ちた生活をサポートできる動物病院であり続けることが当院の目標です。

当院のコンセプト

治療内容治療一覧

新着情報

あなたの小さな家族は、何かを訴えていませんか?

小さな命のSOSに気付いてあげられるのは、動物の一番近くにいるあなただけです。動物病院は、そんな飼い主の皆様と動物達に安心を与える場所。立川の渡邊動物病院は、長年にわたる実績と最先端の医療機器、そしてスタッフの動物への愛情で、動物に優しい治療を行っています。

ちょっとした異変に気がついたとき、不安に襲われたときは、いつでもご相談ください。あなたの大切なパートナーを守るために!

渡邊動物病院の診察・治療

当院にて最初に行うのは丁寧な問診です。当然ながら動物たちは自分の口から症状を訴えることができません。いつも一緒にいる飼い主の皆様が、できるだけ詳しい状態をお話しください。
問診の内容をもとに、それぞれの症状に合わせて適切な検査や処置を施します。また、当院ではなるべく動物が痛みや恐怖を感じることのないよう、痛みを最小限に抑える最善の治療法を選択しています。治療の内容は丁寧に説明し、飼い主の皆様と当院双方で合意した上で治療を開始しますので、ご安心ください。

また、できるだけ動物たちに痛みや恐怖を与えない治療を行うことが当院のポリシーですが、病状によっては麻酔・手術・切開などが必要になります。そんな場合であっても、当院にはレーザーなどの最先端医療機器がそろっていますので、安全かつ痛みの少ない治療が可能です。従来であれば大がかりな手術が必要とされてきた症例に対しても、当院なら大幅に出血や痛みを抑えたダメージの少ない方法で治療が行えます。