渡邊動物病院の診療科目

立川の渡邊動物病院は、日ごろの健康管理からレーザーなどを用いた高度医療まで、幅広い動物診療を行っています。当院が大切にしているのは、丁寧な問診と痛み・侵襲の少ない治療。動物も飼い主の皆様も安心できるように、優しさや温かさのある丁寧な問診・治療を心がけています。

一般診療

内科・外科

下痢、咳などの症状がみられるときはもちろん、「なんだか元気がない」「いつもと様子が違う」といった異変がある場合も、なるべく早く当院までお連れください。当院では心臓病をはじめ内科、皮膚科、泌尿器科、一般外科、整形外科など幅広く診療しています。手術は、レーザーなどの最先端医療機器を使い、従来よりも出血や痛みを抑えた負担の少ない方法で手術を行います。もちろん入院も可能です。

予防・健康診断・去勢・避妊

動物の病気の中には、「ジステンパー」や「犬伝染性肝炎」、「猫白血病」、「フィラリア症」など、ワクチン・投薬によって予防可能なものがあります。当院にてワクチンや予防薬の接種・投与が可能ですので、お気軽に受付までお申し付けください。また、去勢・避妊の手術も承っています。

専門診療科目

がん(癌)・腫瘍の手術・治療

当院では、国内でも数の少ないレーザー光線力学療法・レーザー温熱療法などによるがん・腫瘍の治療を行っています。レーザーを用いることで動物への負担を抑え、精度の高い手術・治療が可能になりがん治療への新しい道が開けます。

歯科治療

歯石の除去や歯周病・虫歯の治療を行っています。犬や猫は歯周病になりやすく、悪化すると細菌が毛細血管などを通って体中に広がり、内臓の病気になることもあります。「たかが口の病気」とあなどらず、しっかりケアしてあげましょう。

眼科治療

「涙がずっと流れている」「目やにがひどい」といった症例がみられる場合は、当院の眼科をご利用ください。眼科専用機器を用いて角膜炎や白内障、緑内障などの診断・治療・手術を行うほか、全般的な眼検査(アイチェック)も可能です。

統合医療

当院では通常の治療とは異なる「代替療法」も行っており、オゾン水治療、漢方、プラセンタ療法、交流磁気療法(マグネセラピー)、免疫療法といった選択肢をご用意しています。一般的な治療法以外の手段をお探しの場合などにはご相談ください。

PICK UP 検査に力を入れています

渡邊動物病院では、動物の健康状態・病状を詳しく調べるため、さまざまな機器を用いた検査を行っています。院内には、コンピューター画像処理レントゲンシステム「FCR」や、胃内の異物除去や胃潰瘍、ポリープなどの検査・治療を行う電子内視鏡、体にダメージを与えることなく内部を確認できる最高水準のカラードップラー超音波診断装置、短時間で検査できる血液検査機器などを導入。

また、提携施設においてMRIやCTを用いた精密検査の紹介も行っており、なるべく動物の体に負担をかけない形での正確な検査に努めています。より詳細な診断ができるほど治療も正確に進めることができ、治療期間の短縮やダメージの軽減につながるのです。

PICK UP 手術・麻酔

当院では、世界で最も信頼の厚いドイツ・ドレーゲル社の最先端の麻酔器により、手術が行われます。最近の医学の発達はめざましいものがあり、麻酔科の分野でも優れた麻酔薬や全身状態を把握するためのモニター類が開発され、安全性が極めて高くなりました。とはいえ、意識が無くなってしまう麻酔に対して不安感を抱いてしまうのは仕方ありません。そこで、当院での麻酔体制についてご説明します。

手術中は経験豊富な麻酔担当獣医師が、麻酔を行うほか、血圧・脈拍・眠った後の呼吸管理、鎮痛薬投与などの全身・安全管理を行っていますので、安心して手術を受けて頂く事ができます。また、心臓病・呼吸器疾患・肝臓や腎臓などの持病がある動物たちが手術を受ける場合でも、麻酔担当獣医師およびスタッフ全員が術前・術中・術後を通して管理を行いますので、安心して手術を受けて頂くことができます。